« 会得 | トップページ | ランサー参戦(旧) »

2012年3月 4日 (日)

ハッピーPCB

ハッピーPCBという国内の新しいプリント基板屋さんがあります.趣味の友人から話を聞き知ったのですが,昨年の末ごろからサービスを開始していたようです.ここは製造における少量試作だけでなく,学生や個人の趣味もターゲットとして格安で基板製造サービスを提供しています.国内ではきばん本舗のようで珍しいですね.

注文の方法は最近流行りのFusionPCBと同様に製造仕様を選択しカートに入れて購入し,後でガーバーデータを送ります.価格は大まかにPCBCARTくらいなのでしょうか.国内のサービスなので,無論日本語で対応してくれます.こういう格安サービスは2層のみが多い中,4層,6層と多層にも対応しているところが良いです.デザインルールは,若干分かり辛いのですが,大まかにFusionPCBと同じ程度と理解しました.私のような趣味の範囲では,余程のことがない限り十分と感じています.また基板は全てEテストされます.

さて,今回は多少長くなりますが,お試し製造ということで,実際にプリントを頼みましたので,そのレビューをさせて頂きます.

まず,Eagleで基板データを作成しました.ガーバーデータ作成は,元々ついているCAMに自分でアウトラインを追加すれば良いのですが,よく分からんという人はEagle販売の代理店であるサーキットボードサービス社のココに,ミッツの基板加工機用のデータ変換ソフト向けのアウトライン付きCAMがあるので,それを使用してもよいでしょう.今回はこのCAMを持っていたので,使用し製造データを作成しました.

注文してから届くまでの時系列ですが,

注文日・・・データ送る
1日後・・・データ確認開始
2日後・・・データ確認完了,製造開始
6日後・・・発送
8日後・・・到着

間に土日を一回挟んで,だいたい1週間で来ますね.これは,他の海外の格安サービスと比較すると早いですね.(当たりまえか・・・)

ここからが,注目の物です.
まず,届いたブツはきれいな箱に丁寧に梱包されていました.
Photo_10 Photo

中身は,帯電防止??さらに袋に入ってまして,開けるといつものようにプチプチ封しされています.ちょっと事情が有り4枚発注だったのですが,製造の関係かなんと7枚入れてもらいました.
Photo_4 Photo_5

さて,この時点で何を頼んだか,マイクロマウスをやっている人にはバレるわけですが・・・マイナーチェンジの小天旋2ですね.

中身を出します.以前に作成したFusionPCBの小天旋1の基板と比較します.
Photo_6 Photo_7 (左:ハッピーPCB,右:FusionPCB)

おしりの余計な部分は切っておきました,緑のレジスト色が少し違います.濃い方が好みですが,今回の基板は0.6mm厚で薄くしたのでその影響もあるのかな?銅箔が露出している部分はなさそうなので,基板の機能としては問題ありません.ちなみに0.6mmの指定も日本語でやり取りできるので楽でした.

もう少しアップで見てみます.問題ある設計の部分がモロにバレるのですが,生暖かい目で許して下さい・・・
Photo_8 Fusion (前部・・・左:ハッピーPCB,右:FusionPCB)
Photo_9 Fusion_2 (後部・・・左:ハッピーPCB,右:FusionPCB)

一見して分かるのが,QFNの狭ピッチの部分へのレジストの入り方,ハッピーPCBの方が恐ろしくきれいです.またそのピッチ間に正確にシルクが入ってます.ビアは0.3mmなのですが,ほぼ真ん中に穴が空いています.今見るとFusionPCBは機能に問題ないけど,結構ひどかったですね.ハッピーPCBは製造が韓国らしいのですが,このクオリティはP版に近いです.最近は海外で格安基板ばっかり作っていたので,きれいなズレてないシルクはいいですね.これならシルクを使ったデザインも可能です.その確認のため今回はロゴを入れたりしたわけです.

以上長くなりましたが,いかがでしたでしょうか.是非どなたか,多層にチャレンジしたレビューが欲しいところです.私はこれぞといった基板や,難儀な案件が出たときに日本語で対応してもらいですし,また海外では間に合わないときには,是非ハッピーPCBに基板製造をお願いしようかと思います.

« 会得 | トップページ | ランサー参戦(旧) »

エレクトロニクス開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハッピーPCB:

« 会得 | トップページ | ランサー参戦(旧) »