« タイミングと活路な話 | トップページ | SimpleTracer ver2β »

2015年3月14日 (土)

シリアルジャイロ

1

という呼称が正しいのかは知らないが,使えるよう準備してます.

近年,アナログ電圧出力のジャイロはほぼなくなってきており,精度やドリフトも改善されているというトレンドのシリアルジャイロを使えるようになっておくと良いという話です.

選んでいる機種は2つあって,インベンセンスのMPU6500とSTマイクロのL3GD20です.MPU6500は加速度センサも入っており,正確には6軸モーションセンシング用チップです.あと3mmx3mmとチップが小さいことが特徴.L3GD20は秋月でも安くモジュールが販売されているので,使えるようになっておくと便利だろうというのが選定理由.

2
MPU6500は秋月のL3GD20モジュールのピン配置とコンパチの評価用基板を作成し進めてます.簡単なコードで性能テストをするため最初はmbedを使用,UARTもSPIも簡単ですから.

« タイミングと活路な話 | トップページ | SimpleTracer ver2β »

エレクトロニクス開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214241/59263380

この記事へのトラックバック一覧です: シリアルジャイロ:

« タイミングと活路な話 | トップページ | SimpleTracer ver2β »