« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月26日 (木)

寒い!

本業で網走にいます.ちょー寒いです.でも外実験です.

こういう出張が一週間前くらいに決まり,その間にやりたいという新機能をテストする準備をし,当日に予定していたテストだけでなく,一回も使ったことない機能のテストもぶっこんでみる・・・なんて生活をしています.一部のデバイスは担当者がいい加減で,部品だけは送ったからーたぶん動くからーみたいな感じ.そして必ず問題や面倒ごとが発生する.現地で自分が組み,場合によっては本体との接続デバックもして動かすという・・・コラ(怒)

はっきり言って趣味ロボット活動どころではない,特に最近.社内ベンチャーみたいなもんだが,この働き方改革から程遠い業態はいい度胸である.「今,動かさないと明日はない」みたいな綱渡り開発を成功させていると評価はいいのだが本来違うよなーと.あと同僚が現場のスレスレ感が楽しい!という病にかかりつつある・・・こっちはそこそこギリギリのラインを感覚で作り込んでいて大変なのだが,まあ自分も楽しいと言えば楽しいの・か・・・

別の話.
右上のSimpleTracerのリンクですが,今シーズンに入ってからちょこちょこもう公開してないんですかと聞かれてました.ただ保存してたDropboxの規約が変わってリンク切れしてのを放置してただけです.リンク張りなおして,ダウンロードできるように復活させておきましたので,ご利用下さい.

2017年10月23日 (月)

台湾大会2017のログ

書くのが遅すぎる・・・と言われるのは仕方ないとして,本当に忙しいんですよ.分かり易く表現すると研究室のような開発スピードを,大企業の無駄まみれの環境で出せと言われて・・・知るか!

んで,今日はついに風邪で倒れたのでゆっくりブログを書くことができるわけです.

今年は忙しかった割には準備は大きなトラブ ルなく進んだので体調としてはましな方で参加でした.試走会の日の夕食は大きなホテルに招待され晩餐でした.とても美味しかったです.久しぶりに🍰をたくさん食べてしまいました,これをやると最近太るんですよね.

Photo  Photo_2

さて,大会の方でいつもと違うのは,今年からロボット相撲が入ったこと.うーむ,ずらりとキットが・・・壮観ではある.
Photo_3

さてトレースのコースはこんなんでした.うちの子たちとは相性が悪くないので,勝つために投入した改良JetCartisには期待してました.
2017

しかし,実際のところ・・・今回は特に神経に悪いというか寿命が縮む戦いだった.JetCartisは一番出走.今年は昨年の路面μを想定してパラメータを詰めてきた.探索はまず大丈夫だろう思っていたら,前日デバックでタイヤ直径が小さくなり,吸引も改良したためか,コースのほんの少しだけ膨らんでいる部分でお腹をこすって浮いてしまい立ち往生・・・車高が足らなくなっていた,それも養生テープ一枚分.後からホイールにテープを張って走ってみたら大丈夫だったので,最低で必要な分は本当にそれだけ,くわっ.

ハードの最終組みから,走り込みを少しでもしていたら分かっていた問題だと思う.ハードを無事に会場に持ち込んであとは現場で何とかする戦法だとこうなるわけである.小島さんのブログにあったように,こうだとアウェーでしっかり準備されている中で戦うのは厳しいが,それでも外に出ていっているんだからやらんといかん.今回は2番機として準備したCartis04.5Dで二位は死守できました.本当に三走目で二位に飛び込んでホッとしました.一つ分かった有益なことは,あれだけ距離走って0.3秒負けたという結果から,今のCartis04.5Dがターボ吸引台湾機と同じレンジにいるということ.なるほどなるほど・・・そうですか.

Photo_4

さて後は観光の話くらいです.今回はお外が35℃くらいと向こうでニュースになるくらい暑かったので,涼しい観光コースの方に参加.昼は故宮博物院行って夜は光華商場(台湾の電子・ガジェット街).面白いのはアクションカメラが流行っていることです.というのもバイクが多いので皆メットに装着するようです.つまりドライブレコーダー用途でもあるのかと??.夜でもかなり鮮明な映像の品が結構あって,それがウリのようです.新しい発見でした.ちょっと仕事で使ってみたいことも思い付きました.あと・・・写真のような装備はなんでしょね(マネキンです).
Photo_5Photo_6

2017年10月11日 (水)

書く暇ない・・・

ちょっと仕事が祭り状態なので,台湾大会のまとめは今度書きます.

あと組織の大枠がたわけていて愉快だし,いろいろ上の方が寝言を言っているようでまたトサカです.事前策の仕込みから現場でのドタバタまで臨機応変に対応できる戦闘要員が必要で,社内いるマウサー達を集結させたい.

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »