« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月29日 (月)

やはり

明日から遠出の出張なのだが,現在23:30,,,またもや洗濯が終わらず,ブログを書いている.こんな事してないでロボトレを作れというところだが,そこまで集中作業するほどの時間はない.

なので,今日もしょうがない話.先日の電流センサは結局購入できず,諦めたわけであるが,年が明けてから別のモノを発注することになり,今度は「電流計測用モジュールIC」ともはやよく分からない煙に巻く作戦で電子部品として起票すると,何事もなかったかの如く通った.もう知らん.

ついでに,組織的にいろんな人が「しょうがない」と言っていた案件.プロジェクトの話ではない,組織の話.今日近しい人間がやはり結果的にロクでもないことになっていた.もはや役員以外しょうがないと言っているので,研究も開発も周回遅れどころじゃない案件がたくさん転がっていても,マネージャーも担当も真正面から取り組めず「しょうがない」と言っている.いや,それすら気が付かない人もいるので,「しょうがない」と言っている人はマシな方なのかっ!

再起不能感が漂ってきて焦っても,もう手遅れ.そのときエライ人に「どうしてこうなった」と聞かれたら自分がしっかり答えよう「しょうがない」ですと.

2018年1月24日 (水)

改革と電流センサ

アホなので,寮の洗濯機が空いてなく,残業4時間オーバーで帰ってきても洗濯がまだ出来なくて寝れない.ヒマなので,電流センサの話をしよう.いや技術的な話ではなく,システムの話.

小型のカレントトランスのような電流センサを会社で発注しようとした.DCも計測でき,ちょっと計測するのに,機器の内部で配線通して,放り込んでおいてADできるので便利そうというわけである.ここで重要なのは,その形状がICではなくコイル体のヤツであることである.

発注システムには,部品名を電流センサと書き,カテゴリーは電子部品で起票できるので,それで発注すると何故か社内で扱い拒否されて帰ってくる.電流センサは,計測器なので計測器部署購入で起票してくださいと・・・電流センサICならと聞くと電子部品で発注できるとのこと.電流センサと書くと,オシロに繋ぐような電流プローブとなり,計測器部署購入となるらしい.

ほう・・・では電子部品形状に近いが,計測器で起票すると,今度は計測器部署で止まる・・・TEL曰くこれは電子部品ではないですか???...うおっダメだこりゃ.

このやりとりで二週間程度.三個の電流センサを買おうと思っただけなのだが,これで働き方改革を推進しているらしい.ザ・大企業病なのだが,呆れるのを通り越して,昨年一番の発注案件でした.

2018年1月15日 (月)

平穏消える

1月4日に39℃オーバーの熱を出して倒れ点滴になり,その後,体の免疫系が弱いので治しきれず,耳鼻科→呼吸器内科となり,半月経ってやっと少しマシになってきた.どうも風邪を悪くして,気管支炎や喘息発作になりかけていたようである.かなり強い鎮静剤が出ていて眠い.

とそんな状況で今度は本業が荒れ始める.本業に関係する事もそれ以外の運営に関しても組織の信頼ない振る舞いに激怒りという事態.

内外問わず基本的に無理・無茶・無謀をやってくれというのは,信頼が有るからできる,動けるわけで....もはや仁義や道徳的な問題まで落ちている気がする.新しいモノを世に出すとか言っても,技術があるのは当然だが,最後に人を大切にしないとプロジェクトが荒れる.

問題意識を持っている人間もしょーがないというな!特にマネージャー格の人間!な・ん・で意思を貫かないの・だ!自分はいつでもどんな状況でも無茶できる体ではない,しばらく知らん!

2018年1月 7日 (日)

2018 新年

明けまして倒れました.

(明けましておめでとうございます)

年明けすぐに39℃以上の熱が出て,明日仕事始めなのにまだ怠いし,咳が止まらん.インフルではなかったので,抗生剤とかいろいろ点滴で入れているのに,残ウイルスに自身の免疫が勝てないらしい...どうしようもない.

さて,そんな状態でしたが,寝込みつつも,少しでも頭を動かせるときには少々.この連休のほとんどはアホなことに会社の研修関係に費やされてしまった.本来は通常期間にやるべきものだと思うのだが(教育と人つくりに力を入れると公言しているならば),忙しすぎて事実上,休日か連休にしかできねぇじゃないか!!許さん,覚えておれ.

ま,あとはSimplestTracer関係が少し進んでます.回路の基本動作はOK.インターフェースは改良が必要.基板設計をちょっと変えました.試走も少しして感触を見ないとだけど,もう一本くらい点滴になるんじゃないかと思っているので,次の休日かね.

そんな新年のスタートです.

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »